〈バングラデシュEASTWEST病院 手術室運営委員会〉

既存の病院の改装と、新病院の建設が進む中、現在の手術室の使い方などについての改善や、新病院の新たなシステムへの移行をスムーズに進めるため、手術室運営委員会で新たな病院での運営方針策定を進めています。 私たちは普段は現場での医療教育を担当していますが、それだけでなく、無理のない実現可能な病院の方針をスタッフに明確に提示することは重要…

続きを読むread more

<緊急!ハイチ孤児院食糧支援のお願い>

継続的に支援しているハイチの孤児院で、現在35名の子ども達が生活しているのですが、前回私たちが訪れた後に孤児院の管理者が亡くなってしまい、その後、さらに状況が悪化し、栄養失調になっている子どもが多くいると報告を受けました。 その中の3名は病気にかかっており、通常時の支援ではこの状況を改善することができず、緊急に支援が必要です。 …

続きを読むread more

〈バングラデシュ EASTWEST病院スタッフの変化〉

毎週水曜日には、今まで一緒にトレーニングを行ってきた感染症対策チームメンバー2 名と共に、病棟をラウンドしています。 今日は、ICU とリカバリールームのラウンド。 彼ら自身でチェックリストを見ながら、改善すべき点をチェックします。 病院のスタッフからも「仕事がしやすくなった!」という声が聞こえます。 ラウンドした結果を気…

続きを読むread more

【学生部:ブルキナファソ活動報告③】

シアバター工場訪問③ 二日目に火にかけられ滅菌されたシアバターは、一晩寝かされることで黄金色になり、完成となります!  三日目の夕方、完成したてのシアバターを見ることができました。 ①出来上がったシアバターを持って、現地スタッフと 工場視察時、Future Code のカウンターパートである現地NGOの代表にシアバタ…

続きを読むread more

〈Future Code 木下名誉顧問 に報告会〉

西アフリカ ブルキナファソの蚊帳の配布について、今回出資頂きました、Future Code名誉顧問のG7ホールディングスの木下会長に報告を行いました。 「今後も一個人として、神戸からの貢献をしていきたい」というお言葉と、これからも神戸、関西からの支援、というキーワードと共にブルキナファソの幼児院の運営についても個人のお気持ちとして…

続きを読むread more

〈バングラデシュ EASTWEST病院活動報告〉

衛生意識や接遇意識の向上についての講義は医療者のみならず、掃除をするスタッフや、警備員の方々にも行います。 しかしながら講義だけでは知識を現場に活かせるかわかりません。 そこでさらに病棟を巡回し、医療現場で知識や手指衛生、ベッド移乗など、現場で出会う技術も含めて確認を行います。 このように毎日の活動を行なっていく中で、…

続きを読むread more

【学生部 ブルキナファソ活動報告②】

シアバター工場訪問② 二日目の作業工程では、破砕しておいたシアの実を焙煎、その焙煎したものに水を混ぜながら何時間も練り続けていくことでシアの油と水を分離させていきます。 ①焙煎したシアに水を混ぜて練り始めます...およそ30分ぐらい その後、ふわふわホイップ!のような油分だけをすくい取ったら、次は火にかけて滅菌を行いま…

続きを読むread more

〈バングラデシュ スラムの調査〉

今回はクリニック建設予定地の横にあるスラムの調査訪問も改めて行いました。 日本からはロータリークラブの皆様をお迎えして生活環境なども見学して頂きました。 住民の生活環境は厳しく、不衛生な中でもなんとか小さな子どもを育てている母親も多い印象です。 調査では、全体で現時点で4万2千人が住んでおり、妊婦さんも1600人ほど…

続きを読むread more

【神戸外大でグローバルキャリアのセミナー参加報告:学生部BYCS 】

11/28(水)、「地球が職場:グローバルなキャリアを語ろう!-世界で活躍する企業や専門家から体験を聞く-」が開催され、BYCS メンバーがスピーカーとして参加し、シアバターの事業を紹介しました。 「Think Locally, Act Globally」と、アフリカで医師として20年以上活動をされてきた 杉下 智彦 …

続きを読むread more

〈バングラデシュ キングストン病院活動報告!〉

近年、バングラデシュでは悪性腫瘍、つまり癌の患者さんが急激に増加しています。 しかしながらまだまだ癌治療に対する設備や、治療できる人材を含め、この国の医療体制は整っていません。 私たちが診ている患者さんの中には、まともな治療が行われないまま、すでに数ヶ月が経って治療が難しくなってしまっている方も多いのが現状です。 この病院では…

続きを読むread more

【学生部:ブルキナファソ活動報告①】

11月10日から21日まで 西アフリカのブルキナファソを訪れた2名のBYCSメンバーより、現地での活動の様子を報告します! 〈シアバター工場訪問〉 首都より車で1時間のサポネという街のシアバター工場を訪問、作業の過程を二日間にわたり視察しました。 訪問時、作業をしていた三人のお母さんたちが笑顔で迎えいれて…

続きを読むread more

〈バングラデシュ スラムにクリニックの建設開始!〉

母子保健の強化をキングストン病院と共に取り組んできたこの3万人が住むと言われる首都ダカにあるスラムですが、今回このスラムに、一次診療機関となるクリニックを建設することとなりました! このクリニックの運営を開始後には、クリニックの設備で対応できない状況の患者さんの場合には、これまでのようにキングストン病院に搬送して治療することと…

続きを読むread more

【魅力的なキャッチコピーを考案中!】

11/26日の神戸・三宮でのミーティングでは、ハンドクリームのキャッチコピーについて主に話し合いました。 私たちの商品の良さを端的に伝えられるものを、苦戦しつつも、あれこれと思い巡らしています…✨ 少しずつですが、丁寧に、確実に、ハンドクリーム販売開始段階まで近づいております。 こ…

続きを読むread more

〈バングラデシュ ロータリーデイ ヘルスキャンプに参加!〉

バングラデシュのロータリークラブが主催するヘルスキャンプに医療チームとしてFuture Codeが参加しました。 今回は、普段はなかなか病院に行くことができない一般の市民を対象として、簡単な健康相談から診断、治療までを行います。 子どもたちは主に風邪が多く、大人は高血圧、糖尿病の方々が受診しています。 定期的にこのヘル…

続きを読むread more

<ブルキナファソ マラリア予防の啓蒙活動詳細報告です!>

スタッフの江田慶子です。 11月初旬から約10日間ブルキナファソで活動してきました。 ブルキナファソはアフリカ地域の中でもマラリアの高蔓延国です。 私たちの活動する保健行政区の病院の2015年の統計データによると、訳50%近くの疾患はマラリアによるものであり、マラリアの年間の発症率は人口1000人当たり346.7人とデータ…

続きを読むread more

【大阪でのTSUNAGARUフェスティバル2018は大反響でした!:学生部BYCS 】

本日(11/24)たくさんの方々がご来場され、初開催となるこのイベントは幕を閉じました。来年2月中旬以降販売予定のシアバターハンドクリームの試供品も大好評で、「べたつかず、さらさらした肌になるね!」という声を多くいただきました! また、国際協力に携わる学生団体の横のつながりも強まりました。 主催団体さま、…

続きを読むread more

〈西アフリカ ブルキナファソ 幼児院を運営開始!〉

今月より、ブルキナファソのピシィという村で5歳までの子どもの教育や給食を提供する幼児院を現地と協力しながら運営開始する事となりました! 最初にまず約40人の子どもを受け入れ、地元の先生と共に衛生を含む教育や、食事の提供を行います。 またFuture Codeの特別プログラムとして定期的な子どもたちのヘルスチェックも行う予…

続きを読むread more

〈西アフリカ ブルキナファソ活動報告続報!〉

マラリアを予防するための蚊帳の配布を続けています。 村の人々もとても好意的に協力してくださり、我々の活動を歓迎してくれていることを、私たちもとても嬉しく感じています。 その活動の中では、時にはマラリアではないものの何らかの病気の子どもも見受けられます。 しかしながら何キロも離れた病院に行くこと自体、村人にとって簡単なこ…

続きを読むread more

〈西アフリカ ブルキナファソ マラリア対策の蚊帳の配布開始!〉

ブルキナファソで2018年からマラリア対策を行っているクーペンタンガというマラリアの大流行している村で、調査の結果、360個の蚊帳が足りていないことがわかり、蚊帳の配布を開始しました! 3年に一度のペースで政府からも蚊帳は支給されるのですが、次回の配布の予定もまだわからないとのことであり、子どもたちの命を守るためにも一刻も早く対策…

続きを読むread more

3回目の出展となった同イベントには今年もたくさんの方々にご来場いただきました。 みなさん、とても真剣に私たちの話を聞いて下さり、耳を傾けて下さいました。 また、BYCSの活動にとても興味を持ってくれ、学生部に入りたい!と言ってくれた学生さんもいました。 このような機会をくださった主催団体さま、スタッフの皆さまに…

続きを読むread more

<11月11日(日)Kobe Gloval Charity Festival 2018に今年も参加し

明日11日10時~16時まで神戸中華同文学校にてFuture Codeと学生部BYCSと共にブースを出展します。 今年は兵庫県政150周年とあり、パワーアップしてたくさんのイベントも盛りだくさんで子供から大人まで楽しめるイベントとなっております。 入場も無料となっておりますのでぜひ、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただけますと幸いです…

続きを読むread more

【学生部:元阪急百貨店のバイヤーの講演会に参加!!】

昨日(11/8)、神戸ソーシャルキャンパスにて、元阪急百貨店のバイヤーであり、現在アジアン食堂バルSALA(https://www.facebook.com/kobeasiansala/)の経営者である、奥智雄さんをお招きし、マーケティングの基本から、実際にシアバターハンドクリームをいかに販売していくかについてワークショップを行いました…

続きを読むread more

〈ひょうご五国ワールドフェスタ 大盛況で終了しました!〉

メリケンパークで開催された、ロータリーデーのフェスタは数万人の来場者があり、大盛況の中で終了しました! また、本日は神戸のアイドルグループ コウベリーズのステージで、Future Codeの活動も紹介いただきました! これからも一緒に神戸を盛り上げていきたいと思います。 私たちのブースに立ち寄ってくださった方々、…

続きを読むread more

〈バングラデシュ 手指衛生イベント開催!〉

バングラデシュの活動地の一つであるEASTWEST病院で、感染症対策の一環として、スタッフの手指衛生の意識向上を啓発するイベントを開催しました! 病院の入り口には垂れ幕がかかり、院長をはじめ各病棟スタッフや、学生さん達も招き、各チームに分かれて、知識と技術を競います。 どんな時に手洗いが必要か、どんな方法で手洗いをするかなど…

続きを読むread more

〈バングラデシュEASTWEST病院活動報告!〉

毎朝、早朝から行われているモーニングセッションでは、感染症対策チームによる発表や報告が行われています。 私たちのプログラムで一年間に渡り、研修を受けてきた院内スタッフが中心となり、問題提起や発表が行われています。 私たちにとっては、このチームの「自分たちで改善していくのだ」という姿勢も大変嬉しく感じるところではありますが、そ…

続きを読むread more

〈ロータリーデイ2018 in Dhakaに参加!〉

バングラデシュ首都ダカで開催されたロータリーデイ2018に、Future Codeは医療チームとしてヘルスキャンプに参加しました! このイベントでは私たちは主に子どもに対しての無料診療の提供を行い、問題があった場合にも薬なども提供されます。 その他にもポリオの撲滅運動や、手洗いの啓発、またクリケットの大会まで数多くのイベント…

続きを読むread more

〈バングラデシュEASTWEST病院 接遇の改善研修!〉

誰もが気持ちよく診療を受けることができ、またスタッフもお互いに気持ちよく働く。 これは病院の基本的な事ではありますが、忙しく働く中では、常に皆が心がけていかなければすぐに崩れてしまうことです。 病院から以前より要望のあった、この接遇の改善研修が本日より始まりました。 研修対象は、医療者だけでなく、事務員から掃除スタッフ、警備員…

続きを読むread more

〈バングラデシュEASTWEST病院 キャンパスクリーニングデイ!〉

バングラデシュで病院の敷地と周囲を職員で清掃するイベントがFutureCodeと病院スタッフの企画で開催されました。 このイベントは数ヶ月に一度行われており、全職員の衛生に対する感覚を改善する事も目的として、職員総出で行っています。 日本人もバングラデシュ人も一緒になって、多くの捨てられたゴミを回収していきます。 …

続きを読むread more

〈京都にてロータリーインターアクト創立55周年記念式典にて〉

京都にて開催されたロータリーインターアクト創立55周年記念式典にて代表 大類が基調講演で登壇させていただきました! 大人だけでなく、学生さんたちも多く参加される会であり、グローバルに活躍するには将来に向けてどのような人間がもとめられるのか、などに言及しています。 講演後にも、学生さんたちからも数多くの質問もあり、私たち…

続きを読むread more